スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

confiture de citron

20120403

lemon.jpg

広島はレモンの生産量が日本一だってご存知ですか?

去年知り合った方が広島出身だと知り、美味しいレモンの購入先を探しいることをお話したらご実家が瀬戸田でレモン農家だということが判明し、お願いしてレモンを送っていただきました。
20キロをなんと無料で!
本当にありがとうございます!お菓子にしてお返しさせていただきます!

瀬戸内の太陽をいっぱい浴びたもぎたてのレモン。
美味しくないはずがない。
ケーキに焼きこむためにピールをコンフィにしようと思っていたのですが、それだけに使うのはもったいない、とジャムに挑戦しました。

まず果汁を絞り、中の綿を取り除き、表皮は薄くスライスして湯でこぼします。
その後果汁と表皮と砂糖を合わせて煮込み、最後にとろみをつけるためにペクチンを加えて出来上がり。
なかなか大変な作業でした。
作業だけで大変なのに、瓶詰め、殺菌、脱気、とその後の処理も満載で終わった頃にはくたくた。
その甲斐あって、レモンの香りがさわやかな美味しいジャムに仕上がりました。
レモンと砂糖だけを使ったシンプルなジャム。

lemon jam

ジャムと言えば、フランスで働いていたお店のシェフが「ジャムを始めたい」と言い出した時のことを思い出します。
私も含めて一緒に働いていた同僚たちは猛反対。
日々のお菓子作りだけでいっぱいいっぱいなのに、この上新しいことをはじめるなんて、考えられなかったから。
でも最近よく思います。
何であのとき「やりましょう!」って言わなかったんだろう。
頑張って挑戦していたら、今頃はきっともっともっともっと美味しいジャムが作れるようになっていたはず。
今回も、好みの固さに仕上がらなくて苦労したけれど、そんなこともスパッと判断できるようになっていたはず。
何回も何回も同じものを大量に作り続けるというのは、お店で働かない限り得られない経験です。
そして同じものを作り続けるというのは一番の勉強方法だと思います。
長い期間働いたわけではないので、その間にできることはなんでもしておくべきだった。
若い頃の苦労は買ってでもしておくべきだった、と思う今日です。
(そんなに若くもなかってけれど、今よりは若かった。。。)

lemon jam2

いつもの北の住まい設計社大阪さんで販売いただきました。

コメント

おいしかったよ♪

レモンのジャム、初体験でいただきました♪
口の中にさわやかにレモンの香りが広がって、なんだか目が覚めるような、いい気分になりました。ウチのホームベーカリーで焼いたごはん入り食パンに塗って食べたんだけど、本当はおいしーいバターロールなんかに塗る方がいいのかしら?とか思いつつ。
作るのにそんなに苦労していたとは知らなかったので、あとちょっとの残りのジャムはそこのところを味わっていただきます。
常に勉強の姿勢、エライなあ~(^o^)b

Re: おいしかったよ♪

ありがとうー。
あっさりしているジャムだからしっかりしたパンにはちょっと頼りないのかな。
私はヨーグルトに入れて食べるのがすきです。
また違うジャムにも挑戦しているのでよかったらまた味わってみてください!
非公開コメント

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。